本校の教育・学習システムは、インターネットで配信される講義を受け、作成レポートを通じた添削指導と、月2回程度の面接指導により学習を進める自宅学習中心のシステムに加え、登校しての直接の学習サポートや、校外でのアクティビティをともなう講座も提供し、全体として幅広い生徒の適性・要望に応えられるシステム構成となっています。

学習サポート
レポート作成・基礎学力育成の支援

月曜日・火曜日・木曜日の午前は、登校して、国語・数学・英語の学習サポートを受けることができます。金曜日の午前は地歴公民と理科の学習サポートを受けることができます。
1年生は基礎的な内容を中心に行い、2年生以上は付属推薦入学制度による東海大学への進学や、他大学への進学を果たすために中核となる教科の基礎学力を確実に身につけ、進学に向けた発展的な学習も行います。
もちろん、自宅での自学自習では解決がつかない、レポート作成上に生じた疑問解決のサポートもします。
午後は個々、インターネットで配信される講義を受けてレポート作成に取り組んだり、部活動や生徒会活動などに取り組む時間として活用できます。

手厚い進路指導体制

東海大学の付属高校として、大学と一貫教育を軸にした進路指導を展開。キャンパス見学会などでは、大学の教授陣による模擬授業も受けられます。また、成績優秀者は、卒業を迎える年度の秋学期に、大学・短期大学へ体験留学できる制度も充実しています。生徒の将来の夢や希望を実現するための進路指導を徹底しています。

クラス担任体制

本校はクラス担任を置いています。担任の先生が、学習や進路相談、その他の相談にも丁寧にサポートしています。

 

 

 

 

三者面談・保護者会

生徒がイキイキと学校生活を送るためにも、希望する進路を実現するためにも、学校と家庭の連携は大切です。年に2回以上は保護者の方と直接お会いし、お子さまの現状や今後の進路についてお話しする場を設けることで連携を深めています。