本校の教育・学習システムは、インターネットで配信される講義を受け、作成レポートを通じた添削指導と、月2回程度の面接指導により学習を進める自宅学習中心のシステムに加え、登校しての直接の学習サポートや、校外でのアクティビティをともなう講座も提供し、全体として幅広い生徒の適性・要望に応えられるシステム構成となっています。

学習サポート
レポート作成・基礎学力育成の支援

月曜日・火曜日・木曜日の午前は、登校して、国語・数学・英語の学習サポートを受けることができます。
金曜日の午前は地歴公民と理科の学習サポートを受けることができます。
1年生は基礎的な内容を中心に行い、2年生以上は付属推薦入学制度による東海大学への進学や、他大学への進学を果たすために中核となる教科の基礎学力を確実に身につけ、進学に向けた発展的な学習も行います。
もちろん、自宅での自学自習では解決がつかない、レポート作成上に生じた疑問解決のサポートもします。
午後は個々、インターネットで配信される講義を受けてレポート作成に取り組んだり、部活動や生徒会活動などに取り組む時間として活用できます。

探求学習【特別講座】 
観察・実験・調査に基づき実際的な課題に取り組む

水曜日は、理科系・社会科系・その他の課題研究の講座を開講します。(2017年度より開始)
この講座は、単に知識を蓄積するのではなく、自ら観察・実験・調査に取り組み、そこで得たデータの、自身の分析結果に基づき考察する中で、自然や社会を解明するための方法と姿勢を、体験的に育成することを目的としています。
なお、これらは本校独自教科「特別講座」に属する科目として位置付けられているもので、単位を修得すれば、卒業に必要な単位数としてカウントされます。

体験学習
スキー・スノボ、カヌー・パラグライダー、裁判傍聴…

本校では、様々な「体験学習」として実施しており、全学年対象の行事様々な講座を開講しています。
 詳しくはこちらです。