通信制

東海大学付属望星高等学校は全国47都道府県から入学生を受け入れることができる「広域通信制」の高等学校で、校舎から遠方に居住したままでも学習することが可能です。
本校生徒は全国から東京都渋谷区の校舎に登校します。自分のペースに合わせて、月1回程度の登校でも卒業できます。

通信制高校とは、高校講座の受講、レポートの添削指導、面接指導(スクーリング)、期末試験が学習の柱となります。いずれも規定回数を満たして、合格する必要があります。

生徒は本校が制作する「高校通信教育講座」を受講して学習を進めることができます。本校の大きなメリットは、本校の教員が制作する「高校通信教育講座」を生徒は受講して学習を進められるので、面接指導(スクーリング)本校の先生に直接指導してもらえ、講座について質問することもできます。レポートの添削指導も同様に添削指導してもらえるので、安心して学習を進めることができます。

単位制

単位制高校とは、「学年」という枠にとらわれることなく、修得した単位を累積加算して、在籍3年以上・74単位以上の単位修得(必修科目・総合的な学習(探究)の時間を含む)で卒業できる制度です。
多くの高等学校が「学年制」を敷いています。このような学校では、各学年で学習する科目は学校が定め、一部科目の単位を修得できなかった場合、その学年に留め置かれます(留年)。そしてその学年で、全科目にわたって、もう一度最初から学習し直さなければなりません。
単位制(無学年制)の本校なら、留年はありません。学年にとらわれず自分のペースで学習を進められ、自分の興味・関心、進路希望等に応じ、幅広い科目の中から選択して学習もできます。一部科目の単位を修得できなかった場合は、その科目だけを学習し直せばよいのです。

全日制高校や定時制高校からの転入学・編入学に際しては、本校の規定に基づき前在籍校の学習成果を認定します。学習を継続して卒業をめざすことができます。

・3年以上在籍、74単位以上の単位修得(必修科目・総合的な学習(探究)の時間を含む)で卒業できます。
・留年はありません。(無学年制)
・興味・関心、進路希望等に応じ、幅広い科目の中から選択して学習できます。
・転入学・編入学に際しては、本校の規定に基づき前在籍校の学習成果を認定します。

 

単位制

キーワード:#広域通信制高校 #通信制高校 #単位制高校 #東京都渋谷区通信制